無料モニター募集

FX自動売買システムのおすすめ運用方法|お名前.comデスクトップクラウド

こんにちは、やまぐちぇです。

今回は、僕が実践している副業のFX自動売買システムの自動トレードを利用するにあたって、おすすめの運用方法をご紹介いたします。

まず、FXでトレードを行う為には『MT4』というフリーソフトをダウンロードする必要があります。

そして、MT4の中に、『EA』という自動売買ソフトを設置する事で自動でトレードを行う事ができるようになります。

MT4でEA(自動売買ソフト)を運用するには、本来であれば常にパソコンの電源を入れて、稼働させておく必要があります。

しかし、パソコンの電源を24時間入れっぱなしにすると、電気代がかかってしまったり、パソコンに大きな負荷がかかり、消耗を早めてしまい、意図しないマシンの停止や再起動により、取引ができなくなってしまうというリスクが出てきます。

そこで活躍するのが 『VPS』と呼ばれるネット上に仮想のデスクトップ(windows環境)をレンタルする事で、ご自身のパソコンの電源を入れなくても運用する事ができるようになります。

ここでは、VPSの導入方法やおすすめのVPSについてご紹介したいと思います。

⇒お名前.com デスクトップクラウドの登録はこちらをクリック!

VPSとは?

VPSとは、インターネット上にある24時間安定して稼働してくれるレンタルパソコンとお考えください。

インターネットに接続できる環境があれば、スマートフォンやタブレット、ノートパソコン等からどこからでもアクセスできるようになります。

リアルタイムにMT4の状況を確認できるので、為替相場に応じて自動売買システムをオン、オフする時にも役立ちます。

VPSを使うメリット

VPSを使うメリットは、仮想デスクトップ上でFX自動売買システムのセッティングさえしてしまえば、ご自身のパソコンの電源を入れずに運用する事ができるようになる事です。

パソコンの電源を入れっぱなしにしている場合は、パソコンの消耗で急なパソコンの停止や停電などがあれば、パソコンが起動していない事になるので、MT4も止まってしまうというリスクがあります。

そんなリスクを無くすために、僕はVPSでの運用をおすすめしています。

おすすめのVPS

僕もFX自動売買システムの運用には、VPSを使っていますが、その中でもおすすめのVPSは、お名前.comデスクトップクラウドになります。

お名前.com デスクトップクラウドとは、ネット上にデスクトップ環境を提供するサービスになります。

僕はメモリ1.5GBプランを使っていて、MT4を複数、動かしています。

複数の場合は2GB以上のプランを推奨しているようですが1.5GBプランで複数のMT4を使っていても、今のところ特に問題はありません。

特徴は、次の3つになります。

  1. メモリ1.5GBでも処理速度は早く、安定して運用ができる
  2. 災害時やハードウェア故障時も迅速に復旧できる(自身の作業は不要)
  3. 外出先のスマートフォンからも自動売買システムのオン、オフやメンテナンスができる

24時間365日、安定した環境でFX自動売買トレードをする事ができます。
また、設定も簡単なので、初心者の方でもお気軽に始めることができます。

⇒お名前.com デスクトップクラウドの登録はこちらをクリック!

お名前.comデスクトップクラウド の申込方法

1. VPS の申込方法

①まずは、ページの下の方にある「今すぐお申し込み」ボタンをクリックします。

②次に申込ページで、お好きなプランとお支払い期間をお選びください。
 FX自動売買であれば、プランは1.5GBプランで十分です。

期間は、長期プランの方が安くなりますが、一括払いとなりますので、まずは、1ヶ月払いでいいと思います。

お名前.comの会員IDを持っていれば、会員IDとパスワードを入力してログインします。

お名前.comの会員IDを持っていなければ、右上の「初めてご利用の方」を選択し、メールアドレスとパスワードを入力して、会員情報を入力してください。

③ログイン、もしくは会員情報登録が完了しましたら、お支払い方法を選択して「申込む」ボタンをクリックします。

④お申込が完了すると、お申込内容が登録メールアドレスに送信されます。

[お名前.com] デスクトップクラウド お申込み確認」という件名のメールが届きますのでご確認ください。

メール本文に電話認証用URLがあるので、最後に本人確認のため電話認証を行ってください。「電話を受ける」をクリックし、送信されてきたPIN番号を入力します。

完了すると、「[お名前.com] デスクトップクラウド サービス設定完了」という件名のメールが届きます。これで申込完了です。

2. VPS の初期設定方法

リモートデスクトップ接続を行うためには、コントロールパネルにて「初期設定」を行い、アカウントおよびパスワードの設定が必要となります。

お名前.comの「会員ID」と「パスワード」にてコントロールパネルにログインします。

デスクトップクラウド コントロールパネル https://cp10.win-rd.jp/Login

「初期設定へ進む」ボタンをクリックします。

③「ユーザー名/パスワードの初期設定」画面にて、「ユーザー名」「パスワード」を設定してください。ここの「ユーザー名」「パスワード」は、リモートデスクトップ接続を行う際に必要となります。

以上で初期設定完了です。

3. リモートデスクトップ接続方法

あらかじめ接続先やユーザー名などが保存されたRDPファイルを用意しておくことで、毎回のリモート接続が簡単になります。

コントロールパネルの左メニューから「リモートデスクトップ」を選択して、
RDPファイルダウンロード」ボタンをクリックし、RDPファイルを保存します。

ダウンロードしたRDPファイルのアイコンをダブルクリックします。

リモートデスクトップ接続のウィンドウが表示されますので[接続]をクリックします。

Windowsセキュリティのウィンドウが表示されますので初期設定で設定したパスワードを入力し、[OK]をクリックします。

以上でリモート接続完了です。

今後は「RDPファイルのアイコンをダブルクリック」で簡単にリモート接続ができます。

以下の動画は上記でご説明した、初期設定とリモート接続(Windows/MAC)のガイド動画になります。

macOS

https://www.youtube.com/watch?v=Z6xCtET9LPw

Windows10

https://www.youtube.com/watch?v=S8iY2Wr5bec

iPhone/iPadからの接続は、以下をご参照ください。

https://www.onamae-desktop.com/guide/rdp/howto-rdp/80/

Androidからの接続は、以下をご参照ください。

https://www.onamae-desktop.com/guide/rdp/howto-rdp/82/

こちらで接続した画面が、仮想のデスクトップ画面になります。

このデスクトップ上でMT4をダウンロードしてEAのセッティングを行う事で、自動売買をスタートする事ができます。

このデスクトップ上でMT4を起動させたまま、VPS接続だけを切れば、ご自身のパソコンの電源を落としても、仮想デスクトップ上で、MT4が稼働し続ける事になります。

下記のリンクから、登録ができますので、このブログを参考に登録を進めていただければと思います。

⇒お名前.com デスクトップクラウドの登録はこちらをクリック!